CCFSTYLE

床暖房コラム 床下蓄熱による床暖房につ...

床暖房コラム

  1. トップ
  2. コラム
  3. 床暖房の基礎知識
  4. 床下蓄熱による床暖房について

床下蓄熱による床暖房について

投稿日・・2015.06.25

床暖房するのに、
床下のコンクリートに蓄熱して床暖房しよう・・・という考え方がある。

もし、床下蓄熱暖房を考えている方がいたら
決める前にこのコラムに目を通してほしい。


日本全国、
一般的に地熱は真冬になると
外気温よりも高くなる。

北国に行けば行くほど
真冬の地熱はありがたく感じる。

建築業界には、
外気より暖かいその地熱を利用して床暖房をしようという
という考え方を持った方々が多くいらっしゃる。

とても理にかなっていると思う反面、
床下蓄熱暖房で暖かくならないという事例も多くある事を
一般の皆さんは知っているだろうか?

その理由を紐解いてみよう。

物質には熱容量という熱を蓄えておく能力みたいなのもがあって、

空気を1とすると
水は空気の約3300倍、
コンクリートは約1650倍の熱を
蓄える事ができる。

言い換えると、空気はすぐに暖まるが
コンクリートはなかなか暖まらない。

ところがコンクリートは一度暖まると
なかなか冷えない・・・

それは事実だけれど、
通常、住宅などの場合は
基礎コンクリートの下にあるのは地球である。

要するに地熱とは地球の表面温度みたいなもの。

コンクリートに蓄える熱はその下の地球に奪われていく。

コンクリートの下に断熱材を敷けばいいんじゃないか?
普通はそう考える。
昔は私もそう思った。

ところが、断熱材の温度は
常に地熱の温度と同じ温度になっている。

細かい事を書くと
解らなくなる方もいると思うので
結論を言うと、

もし、床下に蓄熱させるのであれば
基礎コンクリートとは別の蓄熱体に蓄熱させる事を推奨する。
基礎に熱を奪われないような工夫を施して。。。

もう一つ付け加えると
床下に蓄熱するだけでは部屋を暖めるのは難しい・・・

床下は暖まるけど。。。

s-083-thumb-121x121-747.jpg
 

コラム一覧に戻る
床暖房なのに全室あったか!しかも圧倒的に低価格&省エネ
工務店の皆様へ
  • 導入工務店喜びの声
  • パートナーを募集しています
  • 登録店様 専用ページ
施工検分録
  • 導入事例
  • 床暖房マル秘コラム
  • お得な情報満載のメールマガジン
  • メンテナンスに関するお知らせ
  • 駒形直彦のブログ

驚きの導入&冷暖房費用徹底比較。シュミレーション資料を皆様にプレゼント!

「他の空調との光熱費比較表」「CCFを導入されたお客様の声動画」
「CCFSTYLEパンフレット」等を無料でプレゼントしています。

  • 無料で資料請求
  • 無料でダウンロードする

冷暖房の質問にプロがお答えします。お気軽にご相談ください。

03-6895-7398 受付時間 9:00~17:30 / 土日祝休

フォームはこちら!

  • CCFを導入するには
  • よくあるご質問
トップへ戻る

CCFスタイル オフィシャルサイト

Copyright (c) 2013 CCF STYLE. All rights reserved.
Web produced by Easy Communications Inc.