Warning: session_start(): open(/tmp//sess_8ace86818a39dad1306a8754a23e0155, O_RDWR) failed: Disc quota exceeded (69) in /home/oklabo/ccfstyle_data/class/class_login_check.php on line 3
床下冷暖房+全館空調システム CCF STYLE :: CCF STYLE

製品案内

床下冷暖房+全館空調システム CCF STYLEとは?

CCF STYLE

全館空調の常識を覆す、圧倒的な快適性能&省エネ性能を実現するHYBRID全館空調システム

CCF STYLEは、日本の気候風土に合わせた高性能住宅のために考案、開発された「床暖房+全館空調のできるHYBRID全館空調システム」です。

南北に長い日本列島はエアコン(ヒートポンプ)では対応しきれない寒冷地、夏が暑く、冬も寒い地域など、様々な地域が存在します。CCFSTYLEは、長年の経験から、一つのシステム(熱源)で全ての地域に対応することは難しいことを身をもって体験し、建設する地域の気候風土により、電気(ヒートポンプ)、ガス、灯油、と全ての熱源で稼働できるシステムを構築しました。

また、CCFSTYLEは床下を室内空間として捉え、空気を熱媒体に利用して床下から家全体を効率的に冷暖房することで、冬は室温よりも床温度が1~3℃程度暖かくなり、夏は室温よりも床温度が1~3℃程度低くなる今までのエアコンや床暖房による冷暖房とは違った安全で快適な空間を創りだすことができます。

CCF STYLEの特長

  1. 床暖房+全館空調+熱交換換気が同時に可能なシステムです。
  2. 家全体で温度差のない空間が実現できます。
  3. 全ての無垢床材に対応可能です。
  4. 人が不快に感じる様々な要素を取り除くことができます。
  5. 計画により1フロアごとに設置可能ですので省エネにつながります。
  1. CCF STYLE+エアコンが併用できるマルチシステムも可能です。
  2. 全てのメンテナンスが床の上で容易にできます。
  3. 寒冷地用として外気温に性能を左右されない暖房専用機もラインナップしています。
  4. 暖房時の過乾燥を解消する加湿型暖房専用機もラインナップしました。

CCF STYLEの最大の特長は、暖房、冷房、床暖房、加湿が1つのシステムで可能なことです。また、熱源についてもお客様の希望や建築地の諸条件により、電気・ガス・灯油の中から選定することができ、高性能の建物と一体となることで、省エネにつながり、家計にやさしいマルチ空調システムとして、多くのお客様に選ばれています。

比べればわかる、驚異の性能と低価格

価格比較表

冬のしくみ、夏のしくみ

  1. 室内の空気を暖めて家全体に効率よく循環させる。

    室内機により集められた空気は、ヒートポンプ方式で効率よく暖められ、床下チャンバボックスへと送り込まれます。

  2. 床下空間と床面全体を、同時に温める。

    床下チャンバボックスに送り込まれた温風は、床下ダクトを通り床下に放出され、床下空間と床面全体を同時に暖めます。

  3. 床下から家全体を心地よく暖房。

    床全体を暖めた床下の空気が、各所に設けられた床吹出口より放出され、家全体を心地よく暖めます。

冬のしくみ
  1. 室内の空気を除湿・冷房して家全体に効率よく循環させる。

    室内機により集められた空気は、ヒートポンプ方式で効率よく冷され、床下チャンバボックスへと送り込まれます。

  2. 床下空間を除湿して、家全体を冷房。

    床下チャンバボックスに送り込まれた冷風は、床下ダクトを通り床下に放出され、床下空間と床面全体を同時に冷します。

  3. 夏は天井から家全体をやさしく冷房。

    床下の空気が空気チャンバを通じて天井から吹出され、家全体をやさしく冷します。

夏のしくみ
快適な居住空間を最大10年間保証 快適保証

この製品は「快適保証」の対象です。

Page Top

CCFの各種製品を導入するには? For Customers

これから建設予定の住宅、または既存の住宅にCCFの各種製品を導入するには、 CCF取扱店に施工を依頼するか、施工する工務店がCCFに加盟してしていただく必要があります。

CCFの各種製品の導入でビジネスチャンスを拡大! For Builders

当社では、CCFの各種製品やシステムをお取扱いしていただける事業者様を募集しております。ご加盟いただいた事業者様にはお問合わせのあったお客様をご紹介させていただきます。


Warning: Unknown: open(/tmp//sess_8ace86818a39dad1306a8754a23e0155, O_RDWR) failed: Disc quota exceeded (69) in Unknown on line 0

Warning: Unknown: Failed to write session data (files). Please verify that the current setting of session.save_path is correct () in Unknown on line 0